肌のハリを取り戻す化粧品|肌美人になれる秘訣!

たるみを解消するには

顔に触れる女の人

コラーゲンを増やす

皮膚がたるむ原因のひとつが、コラーゲンの減少です。真皮層にあるコラーゲンは肌にハリを作る働きをしているタンパク質の一種です。コラーゲンを作っているのが線維芽細胞で、年を取ると活動が鈍くなります。そしてそれが原因で皮膚がたるんでほうれい線や目の下のたるみができます。コラーゲン入りの化粧品を使ったりコラーゲンのサプリを飲んだりしても、体内のコラーゲンを増やすのは不可能です。確実に増やせるのがサーマクールなどの治療器です。サーマクールは美容外科や皮膚科などのリフトアップ治療で使用されています。高周波の熱でコラーゲンを刺激して、産生を促す効果があります。レーザーやIPL(光)、超音波などにもコラーゲンを増やす効果があります。

たるみの特徴

ほうれい線はコラーゲンの減少、表情筋の衰えなどが原因で深くなってきます。自分で表情筋を鍛えるのも効果的ですが、コラーゲンを増やす治療をすれば、根本からほうれい線がなくなります。ほうれい線がなくなるだけで、5才の若返り効果があります。目の下のたるみはコラーゲンの減少や眼輪筋の老化などが原因で起こります。目の下のたるみといってもタイプがいろいろあります。老化に関係なく、生まれつき目の下のたるみが出来やすい顔立ちの人もいます。また、たるみではなくクマやくすみが影のようになってたるんでいるように見える場合もあります。クマやくすみが原因の場合は、コラーゲンを増やす治療よりも、メラニンを分解する治療のほうが効果的です。